akiraf: 2007年5月アーカイブ

Inakataiken_1.JPG【第1日】5月17日(木) 小雨時々雨脚が強くなる。

(記録担当 多摩江)

 小雨降る中、待ちに待った「田舎体験」に向け二俣川農協前を出発した。今回、安田さんが紹介して下さった桜井さんと大洞さんが運転を担当される。保土ヶ谷バイパス本村インターより首都高速へ、そして湾岸へ入る。

田舎体験雑感   勝巳

  • 身土不二(しんどふじ)とは体(身)とそこの大地(土)は一体不可分という意味で星雪館に飾ってある言葉だ。地元が主体で地域にある自然や食べ物を考え、作っていくことであり、そこでは「何がない」ではなく「何がある」との立場で行動する、あるもの探しが原点だ。食やエネルギーを他国に求める現代の崩壊した価値観を根底から考え直すというまさに一万年も続いた「縄文生活思考」への回帰の一端を経験することが私の田舎体験の目的であった。

Kusatsu_7.JPG【第1日】(5月7日)

(記録担当 泰男)

 朝8時に関越の三芳サービスエリアで、善さん、孝儀さん運転するグループと当方2名が合流する。サービスエリアのテラスで、行程と役割分担買出しの分担を行い出発する。伊香保ICで出て国道253号線を進む。

(記録担当 勝巳)

 みどりの日。快晴。

 連休で、このいい季節に家でゴロゴロしてるのはもったいないという動機のハイキングで、当初は5月1日だったが悪天候のため延期。もともと、いい加減な計画だから変更は気楽。

 5月4日は暖かく、まったくの快晴。

カウンタ

月別 アーカイブ