サロン77 JAMSTEC(海洋開発研究機構)訪問(2014/3/24晴れ)

user-pic
0
jam-5.jpg

(記録:吉生)

最近マスコミでよく取り上げられ話題となっている深海における資源、生物等の研究を行っているJAMSTECを訪問しガイドツアーに参加した。 追浜駅に10:00集合しバスに乗って目的地に向かう。天気も良く散歩日和である。

jam-2.jpg

10分でJAMSTECのバス停に到着するとすでに降車口に2名のガイドの方(広報課)が出迎えておられた。本施設は追浜の岸壁に面しておりすぐ近くに日産の車を積み込むコンテナ船が見える。 10:20さっそく案内に従って会議室に入りまずJAMSTECの紹介ビデオを視聴、組織の説明等を受けた。研究所はここの他全国に数ヶ所あり主な活動資金は文部科学省より得ている(約400億円/年)そうだ。深海を調べる船としては"しんかい6500"が有名であるがその他にも何隻も有人、無人の探査機、探査船を所有しておりそれぞれいろいろな目的に応じて活躍しているということだ。

jam-4.jpg

約1時間30分のツアーではこれらの実物や模型を見ることができ日本が多くの設備を所有し海洋に関わる多くの分野について研究を実施していること知る機会を得た。 またツアーの最後には実際に深海に生息するゴエモンコシオリエビの実物が展示されており深海に棲む生物の面白さを見ることができた。

jam-6.jpg                   このツアーを通じ改めて日本が海洋国家であり資源の無い日本にとって研究活動が重要であることを認識させられた。

この後追浜駅より12:48発の京急にのり横須賀中央に向かい海軍カレー発祥の店(魚藍亭)でそれぞれが思い思いのカレーを注文した。 午後は横須賀中央から海岸沿いの道をヴェルニー公園を通り15:00JR横須賀駅で解散した。

*この見学を終えてから10日余りの間に何度もTVでJAMSTECについての番組を見る機会を得て改めて現在注目を浴びている施設であることを実感した。

  • 参加者:勝巳、伊久枝、善右衛門、恵美、憲治、美保、龍太、達也、吉生 計9名
  • トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://kenhai2100.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/1300

    コメントする

    カウンタ

    月別 アーカイブ