「白山 2702m」一般向き(2010.8.21-23実施済み)

user-pic
0

Hakusan.jpg(2010年7月5日現在)

 富士山、立山と並び万葉集に詠まれる日本の名山。篤い信仰の山。もちろん高山植物の宝庫として有名。金沢観光含む。

  • 日時:8月21日(土)出発――23日帰着(2泊3日)往復新幹線利用
  • 参加者:男性4名、女性4名、計8名(7月8日現在、締め切りは7月17日)善右衛門、勝巳、才美、邦子、ちよ子、憲治、貞子、昭
  • 集合場所:8月21日午前7時30分 東京駅上越新幹線改札口、22番線ホームで乗車(座席指定)切符はHISで一括購入し、当日改札口で勝巳からお渡しします。
  • コースタイム(着/発):
    • 第1日(8月21日・土) 東京駅(/7:48)――(MAXとき307号)――越後湯沢駅(9:04/9:14)――(特急はくたか4号)――金沢駅(11:59/昼食/13:25)――(午後観光:観光バス、1810円)――ホテル(17:00/)   観光連絡先:北陸鉄道Tel:076?234-0123または観光協会Tel:076?232-5555予約のこと宿泊先:金沢セントラルホテル(Tel:076?263-5311、金沢駅徒歩3分) 2名×4室、1名×2室確保済、21日夕食および22日朝食無し、22日昼食も含めて21日準備 JR往復切符は確保済み。座席指定。
    • 第2日(8月22日・日) 徒歩5時間30分起床(5:20)――(ホテルの朝食なし、前日準備のこと)――ホテル(/6:20)――金沢駅前バス停1番乗場(/6:45)――別当出合(8:50/トイレ)――(砂防新道)――中飯場(10:00/水場、トイレ)――別当覗き/11:00)――避難小屋(12:00)――南竜分岐(12:30)――黒ボコ岩(13:30)――白山室(14:30/)――(天気が良い時)――御前峰(山頂)往復約90分――白山室(16:00/)(宿泊) バス往復料金+「白山室堂」山小屋料金(割引):10,600円(当日6時から乗車バス停近くのバスセンターで購入) 宿泊先:「白山室堂」10名(男5、女5)予約済、Tel:076?273-1001松岡氏
    • 第3日(8月23日・月) 徒歩7時間30分起床朝食(4:00)――出発(/5:00)――御前峰(山頂)(6:00)――翠が池(6:30)――千蛇が池(6:40)――白山室堂(7:40)――黒ボコ岩(8:10)――馬のたてがみ(8:40)――避難小屋(9:10)――仙人窟(10:10)――観光新道、白山禅定道分岐(11:00)――砂防新道(12:00)――別当出合(12:30//13:30)――(バス)――金沢駅(16:00/宿泊ホテルで入浴、夕食打ち上げ/18:23)――(「はくたか」25号)――越後湯沢駅(20:59/21:09)――(MAXとき350号)――東京駅(22:29/)
  • 持ち物:雨具、水筒1L程度(途中水あり)、杖、日焼け対策、簡易防寒具、22日の昼食弁当(21日に金沢市内で調達可)、(23日昼食弁当は山小屋に依頼予定)、非常食、懐中電灯、薬品等
  • 1/25,000地図加賀市の瀬」「白山
  • 費用:往復JR費、金沢宿泊で22,300円、バス往復+山小屋で10,600円  合計35,000円程度
  • リーダー:勝巳、SL
  • 雨天決行
  • 参加申込み:締切り 2010年7月17日(土)までに。申込はこのブログのコメント欄は使わないで、リーダーの勝巳にメールまたは電話で直接申し込んでください。
  • 実施状況は山行記録をご参照ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kenhai2100.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/109

コメントする

カウンタ

このブログ記事について

このページは、akirafが2010年6月28日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サロン No.39 あじさいの名所「本土寺」を訪ねて(2010.6.26)」です。

次のブログ記事は「例会外 訓練山行「大山―日向薬師」(2010.6.30実施済み)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。