サロンNo.22 みんなの利き酒会(2008年5月19日)

user-pic
0

Kikizake_2.JPG(記録担当 才美)

 昨年の「男性の料理教室」に於ける厚いおもてなしへのお礼の気持ちで利き酒会を女性主催で開いた。女性は酒のつまみ一品料理持参。日本酒は10本程用意 他に差し入れ数本あり料理は和洋中華、デザートまで盛り沢山。

Kikizake_1.JPG 酒の銘柄は

  • 冬樹(純米吟醸酒 秋田)
  • 米米酒一ノ蔵(純米酒 宮城)
  • 枯山水(山形)
  • 華鳩(貴譲酒7年貯蔵純米酒やや褐色を帯びた色合いで甘く独特のとろみのある酒)
  • 梅が枝(特別本醸造 山梨)
  • 松みどり(濁り酒)
  • 松美酉(ぎんから 神奈川)
  • 李空(秋田)
などそれぞれに特徴のある銘柄を用意しました。どんな特徴かって?それは参加者ののみの味わいの程・・・。高清水、さぶろう等の差し入れ。

 銘柄当てでは正解率百パーセントで、さすが山のみならずアルコールに於いても兵とあらためて感心した。また女性の一品料理の蘊蓄も各人が精魂傾けて作った品だけに味も見た目もさすがであった。(手前味噌?)

 吟醸酒、純米酒、本醸造酒ってなに?とか健康的にお酒をたしなむには?、米飯と酒造好適米―山田錦、五百万石―との違いなどお酒にまつわるクイズも一興であった。

 日本酒のラベルには何が書いてあるのでしょう。

 法令等で表示が義務づけられているもの

  1. アルコール分― 16.0度以上17.0度未満など
  2. 原材料名― 米、米麹、醸造アルコールなど
  3. 精米歩合―精米歩合60パーセントなど
  4. 種類―清酒など
  5. 内容量―720ml
  6. 製造時期―製造年月日
  7. 製造者の名称及び製造場所在地
  8. 未成年者飲酒防止の注意
  9. その他吟醸、純米、本醸造などの特定名称、原料米の品種
など13項目にわたり表示されています。

 日本酒独特の製法は奈良時代になって「播磨風土記」に登場している如く民族の酒としての歴史を持ち、日本の豊かな四季と酒とのかかわりを思うとき私たちの誇りとする飲み物と自慢して良いと言えるのではないでしょうか。

 青柿の実り始めの頃のささやかな酒宴でしたが季節を移しての再会を約して、ほろ酔いの内に散会いたしました。

  • 日時:2008年5月19日 11:00--16:00
  • 場所:勝巳さん宅
  • 参加者
    孝儀、晋、美保、善右衛門、恵美子、勝巳、才美、伊久枝、邦子、紘正、きみ子、昭、幸子、以上計13名

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kenhai2100.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/554

コメント(1)

| コメントする

恥ずかしながら、この歳にして始めて『日本酒』の美味しさを味わいました。それは女性の皆様の絶妙な銘柄選びと、阿吽の呼吸と言うのでしょうか、お酒に微妙に合った料理の数々でした。お酒には何時も冷静な善さんを、あれほどに酩酊させるとは・・・さすがです。

自分も思わぬ認識をしました。それは、自分の味覚が思いのほか正常(?)であった事。これは健康の証であると嬉しくなりました。それから、『日本酒』の美味しさの本質を、少し会得しました。また、飲み比べる事によって、各銘柄にかけた蔵元の息遣いを感じ、こけからは一滴一滴を大事に味わおうと思いました。

謝辞 このような会を企画して頂いた女性の皆様、勝巳さんご夫妻に感謝いたします。是非続編をお願い致します。 紘正

コメントする

カウンタ

このブログ記事について

このページは、akirafが2008年6月 1日 14:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「No.207 丹沢表尾根(長尾尾根経由)山行(2008.5.15)」です。

次のブログ記事は「雨飾山(1963m) 日本を代表する秘峰の名山(2008.7.14--16実施済み)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。